食生活が欧米化している人にはイソフラボンがおすすめ

食の欧米化により肉中心の食事になったり、脂っこい食事を摂ることが一般的になってきました。 その結果、栄養バランスが崩れて、肥満や糖尿病などの生活習慣病が増えてきました。

また、低年齢の子供でも高血圧や肥満の症状が見られるようになりました。 伝統的な和食は栄養素の面からみると、糖質(炭水化物)、脂質、タンパク質のバランスが取れています。

そして、この食事は生活習慣病の予防にも役立っているのです。 しかし、和食ばかり毎日食べることは難しいですよね。

そこでオススメのものがイソフラボンです。 イソフラボンをオススメする理由は、イソフラボンの健康効果である生活習慣病の予防、ホルモンバランスの安定、肌荒れです。 生活習慣病、ホルモンバランスの乱れ、肌荒れは食の欧米化によってリスクが高まっています。

それでは、それぞれの健康効果についてみていきましょう。 まずは生活習慣病予防効果についてです。

生活習慣病とは高血圧、糖尿病、脂質異常症など生活習慣が原因で発症する疾患のことです。 イソフラボンにはホルモンバランスを整える作用と抗酸化作用があります。

ホルモンバランスを整えることによって、ホルモンの乱れが原因で起こる疾患を予防・解消することができます。 そして、抗酸化作用によって細胞を老化させる活性酸素を除去して、健康な体を維持させることができます。

これらの効果によって生活習慣病を予防することができるのです。

続いては、ホルモンバランスの乱れです。 イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をします。

エストロゲンが足りないときにはエストロゲンの代わりに働きます。 また、イソフラボンはエストロゲンが過剰に分泌されたときには、その分泌量を抑える作用もあります。

ですから、エストロゲンの過不足を調節して、ホルモンバランスを整えることができるのです。 ホルモンバランスの乱れで起こる更年期障害、骨粗鬆症、月経不順を解消することができます。

最後は、肌荒れです。 上で述べたように、イソフラボンはエストロゲンに似た作用をします。

エストロゲンは、肌の弾力を保つコラーゲンや肌に潤いを与えるヒアルロン酸の産生に関与しています。 ですから、イソフラボンを摂ることで、食の欧米化によって乱れた肌質を改善することができるのです。

このようにイソフラボンは様々な健康効果があるので、食生活が欧米化している方はイソフラボンを積極的に摂るようにしてくださいね。