グリコシド型のイソフラボンは吸収されにくい

イソフラボンは大豆に多く含まれているポリフェノールの一種です。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるので、更年期障害を緩和したり骨粗鬆症を予防することができます。 また抗酸化作用が強いので生活習慣病を予防することもできます。

様々な健康効果があるイソフラボン。 このイソフラボンは二種類に分けることができます。

それはグリコシド型とアグリコン型です。 それぞれについてみていきましょう。

まずはグリコシド型です。 グリコシド型はイソフラボンのまわりに糖がくっついており、腸内細菌で糖が分解されないと体内に吸収されないという特徴があります。

食品では豆腐、豆乳、納豆がグリコシド型に該当します。 グリコシド型は体内に吸収されるのが二割ほどで、摂取してから六~八時間で吸収のピークを迎えます。

続いてはアグリコン型です。 アグリコン型は糖がはずされている状態なので、腸内細菌の働きに関係なく胃や小腸で効率よく吸収されます。

大豆食品では唯一味噌だけがアグリコン型に該当します。 アグリコン型の吸収率はグリコシド型の三倍で、吸収のスピードも約二時間でピークを迎えます。

グリコシド型は低吸収型でアグリコン型は高吸収型。 ですから、体内に吸収されやすく健康効果を実感しやすいアグリコン型の方がよいという方がほとんどです。

しかし、アグリコン型の方がいいという意見ばかりではありません。 先程も述べたようにアグリコン型の大豆食品は味噌だけです。

アグリコン型のイソフラボンを摂取するために味噌をたくさん食べると、塩分過多になってしまいます。 一方、グリコシド型は豆腐や納豆など比較的摂取しやすいものに含まれています。

塩分過多によるリスクがあるので、毎日の食事から摂取するという点においては、低吸収型のグリコシド型が良いのではという意見があるのです。

アグリコン型のイソフラボンを効率的に摂りたいという方は、サプリメントの使用をオススメします。 この摂取方法なら塩分過多の心配がありません。

ただし、過剰摂取すると副作用のリスクが高まるので、摂取量を守って飲むようにしてくださいね。